レプリソーム旅行記Vol.20 Naismith Basketball Hall of Fame Part 3

メモラビリア
エレベータを降りてすぐの所に、その年 Hall of Fame に選ばれた方々のメモラビリアが、ショーケースに入れられ飾られています。
こちらは、2010年に選ばれた選手達のものです(取材日2010年12月)。

2012年4月現在で、新たに Hall of Famer として選ばれているのは、下記の通りになります。

2010年
選手
シンシア・クーパー   デニス・ジョンソン   ガス・ジョンソン   カール・マローン   マシエル “ウビラタン” ペレイラ
スコッティ・ピッペン
監督
ロバート “ボブ” ハーレー, Sr.
コントリビュータ
ジェリー・バス
チーム
ローマ五輪USAチーム(1960)   バルセロナ五輪チーム(1992)
2011年
選手
デニス・ロドマン     アーティス・ギルモア   クリス・マリン   アルビダス・サボニス   テレサ・エドワーズ   リース・テータム
監督
ハーブ・マギー   タラヴァンダーヴァー   テックス・ウィンター
コントリビュータ
トム・サンダース
2012年
選手
カトリーナ・マックレイン   レジー・ミラー   ラルフ・サンプソン   ジャマール(キース)・ウィルクス    メル・ダニエルズ
チェット・ウォーカー
監督
ドン・ネルソン   リディア・アレクセーバ
コントリビュータ
ドン・バークスデイル   フィル・ナイト
チーム
オールアメリカン レッドヘッズ
審判
ハンク・ニコルス

ヒューストン・コメッツ&クーパー
詳細に見ていきます。
まずは選手として、この Hall of Fame に選ばれたシンシア・クーパー選手のメモラビリアです。

このボールには、シンシア・クーパー選手をはじめとするヒューストン・コメッツ(WNBA)の面々のサインが入っています。
コメッツは、WNBA創設から4シーズン連続(1997-2000年)で、優勝を果たしました。
その中でも、97・98・99年のメンバーによるサインが、このボールに施されています。

シューズ
こちらは、そのシンシア・クーパー選手が、コメッツ時代に着用していた NIKE のシューズです。

USCの Hall of Fame にも
シンシア・クーパー選手は、この Hall of Fame だけでなく、1999年には、母校USC(サザンカリフォルニア大学)の Hall of Fame にも選ばれました。

画像は、その記念レザージャケットです。

ロバート ”ボブ” ハーレー
次は、ロバート”ボブ”ハーレーHCの受賞プラークです。
ハーレーHCは、この Basketball Hall of Fame に監督として選ばれただけでなく、2009年の7月に、全米ハイスクールの Hall of Fame (National High School Hall of Fame)にも選ばれました。
画像は、その受賞プラークです。

史上3人目・あの選手の父親
ロバート”ボブ”ハーレーHCは、ニュージャージー州のセント・アンソニー高校の監督で、高校史上1000勝(2011年の2月2日に達成)した10人目の監督で、この Naismith Hall of Fame に高校での実績だけで選出された史上3人目の監督でもあります(39年の間に、26回州大会で優勝)。

画像は、2007年3月に900勝目をマークした記念ボールです。

もう1つ馴染みの点にふれますと、DUKE大学の永久欠番 #11 ボビー・ハーレー選手の父親にあたります。

Friars
画像左の黄緑色をしたウェアは、ハーレー監督が着用していたスウェッターです。
チーム名は、Friars(修道士の意)。

画像右側に写る、#6の黄色のブラジルジャージーは・・・監督のスウェッター右下に写っているように、説明のポップが倒れて、残念ながら読めません。

Mailman
画像は、メイルマンこと、カール・マローン選手が使用していたシューズです。かかとに、紫色で「Mailman」と入れられております。

NBAオールスターMVP
こちらは、スコッティ・ピペン選手のメモラビリア。
ミネアポリスで開催されたNBAオールスター93-94で、MVPを獲得した記念ボールです。

あの真っ赤なシューズで臨んだオールスター戦です。

2人のNBAオールスターMVP
なぜかマローン選手のメモラビリアは、先に Hall of Fame に選ばれたジョン・ストックトン選手のコーナーに展示。

それもそのはず、このボールもNBAオールスターの記念ボールですが、マローン選手とストックトン選手の2人で受賞したMVP記念ボールです。

ジャージ
この画像に説明は必要ないかと思います。
ピペン選手が着用したブルズ時代のジャージ、カール・マローン選手が着用したジャズ時代のジャージです。

46サイズ
マローン選手の物は、隣のジャケットが邪魔をして見えませんでしたが、ピペン選手のジャージの裾に注目。
サイズを示すタグには、「46」とあります。

当時から市販されていた、レプリカジャージは、44が当時のLサイズ、48が同XLサイズとされていました。
44〜48サイズは、標準的な体格の日本男性でも着用できるサイズですので、2mもある長身のピペン選手が、46を着用できるということは、その体格がいかに華奢で、線が細いかを物語っています。

2つのちがい
2つのジャージについて、もう1点。
ジャージ2つの画像を並べてみました。フォントの違い・縁取りの有無以外で、ご覧になって何か違いがあることに気がつきませんか。
マローン選手の背番号には、メッシュ穴が透けて見えるのに対し、ピペン選手の背番号にはそれがありません。
これは、ピペン選手の物はパッチワークで作られているのに対し、マーロン選手の物は、ジャージの生地に直接、文字がプリントされています。

今では、ファンに向けた市販のジャージでも、パッチワークが普通のようになっていますが、ひと昔前までは、プロ仕様でも、このような市販品と同じようなレベルでした。
92年ファイナルで着用していたブルズのジャージも、このマローン選手のジャージのような造りだったと言われています。

この建物の構造
受賞者のメモラビリアショーケースを見終わったところで、今一度、この建物の造りについてご紹介。

画像は3Fの通路ですが、頭上に飾られた Hall of Famer たちの写真や、壁を見るとおわかりの通り、画像の左に向かって曲がっているのが、おわかりいただけるかと思います。

先ほどの外観の通り、ここが球体(バスケットボール)の中になり、その円周に沿って歩いて、見て回ることになります。

頭上には
頭上には、これまでに選ばれてきた Hall of Famer 達の写真が飾られています。
画像上段には、
 DUKE大のマイク・シャシェフスキーHC
 マジック・ジョンソン選手
中段には、
 レイカーズのアナウンサーを務めた、チック・ハーン氏
 ロバート・パリッシュ選手
下段には、
 クロアチアのエースだった、ドラセン・ペトロビッチ選手
 ノースカロライナ大・LALのジェイムス・ウォージー選手
の顔が見えます。

ヒストリーコーナーへ
円周部分であるコースには、バスケットボールが生まれて、カレッジやプロのバスケットで、どのようなことが起き、また、当時の世界・社会背景がどうだったのかを、年表にして、その歴史を掲載しています(詳細は次の画像で)。

更にその下には、当時の選手や監督に関連するメモラビリアが納められており、それらについて説明紹介がなされています。
前回訪れた時は、まだここは改装中でしたが、あれから約半年して完成したようです。見てみましょう。

1990年を例に
1990年を一例に、年表についてご紹介。
上から順に見ますと、

 A.年
 B.その年に変更があったバスケットボールのルール
 C.カレッジ-プロ-国際バスケットでの出来事
 D.世界・社会情勢

が書かれています。


A.1990年には、

B.
NCAA男子のルールとして、1ハーフ当たりチームファールが10を越えると2フリースローが与えられる。
3ポイントライン外でシュート中にファールを受けると、フリースロー3投が与えられる。

C.
ケンタッキー大学男子チームのアシスタントコーチとして、バーナデット・ロック氏が赴任したことで、ディビジョンTで初の女性監督が誕生。
マイケル・ジョーダン選手が4回目の得点王となり、これによりチェンバレン選手に次ぐ記録を達成。
アメリカプロスポーツとしては初めての、北アメリカ以外の場所(東京)で、公式戦を行ないサンズがジャズを打ち負かした(注:とありますが、実際は2戦して1勝1敗)。
スコット・スカイルズ選手(マジック)が、一試合30アシストを達成。
将来のNBAスター、ブラデ・ディバッツ選手とドラゼン・ペトロビッチ選手を擁する、旧ユーゴスラビアが世界選手権で優勝。

D.
第二次世界大戦後、初めて東西ドイツが併合された。
アニメ、シンプソン一家のレギュラー放送が開始され、大ヒットするだけでなく、ゴールデンタイムのアニメとして、史上最長の放送回数を記録する。

これらの文章の横でドリブルをしているのは、マイケル・ジョーダン選手です。
21世紀
ここからが21世紀(2000年)ですが、ここ10年で
 NBAでのゾーンディフェンス解禁
 マイケル・ジョーダン選手の復帰
 レジェンドとして名高いジョージ・マイカン選手や有名アナウンサー、チック・ハーン氏の死
 史上初ドラフト1位指名のアジア人選手ヤオ・ミン選手の登場
 グッズの世界でもオフィシャルメーカーが3社目になるなど
数多くの出来事がありました。

21世紀もすでに年表となるほどになったか、という郷愁のような思いを、先ごろ引退を発表したヤオ・ミン選手の写真が、尚更、駆り立てます。

動画
ITを駆使した動画の展示。
上でご紹介した、年表と年表の切れ間に設置されており、その意味まで表示されます。

80年代・90年代・2000年代のように、およそ10年の区切りごとに設置され、その10年間にあったことを、動画と音声で展示紹介しています。

画像では、1990年代を紹介しています。

2010年
それでは、この年表の2010年を見て行きたいと思います。

掲載内容として、Hall of Fame に選ばれた人物の写真、その下には選ばれたカテゴリー(選手としてなのか、監督としてなのか等)、生年月日と出生地、どんな人物なのかが書かれています。

Friars -2
その隣には、メモラビリアが収納・展示されています。
画像のプラークは、ボビー・ハーレーHCが、2008年に All-USA Boys Basketball Team のコーチ・オブ・ジ・イヤーに選ばれた、受賞プラークです。
受賞記事を掲載した、USA Today 紙が納められています。

のちにNBA選手となる、テリー・デヘア選手、ロドリック・ローズ選手、そして自身の息子であるボビー・ハーレー選手の3選手を擁するセント アンソニー・フライアーズは、1989年、シーズン無敗かつ優勝を達成します。
プラーク隣のリングは、この1989年の優勝リングです。
ボビー・ハーレーHCから寄贈されました。

バルセロナ五輪 ドリームチーム
2010年のコーナーには、もう1つメモラビリアが飾られています。
バルセロナ五輪の金メダルです。
チャールズ・バークレー選手による提供とあります。

2010年は、2つのアメリカ代表チームも選ばれました。
1つは、この1992年のバルセロナ五輪チーム、もう1つは1960年のローマ五輪チームです。

Hall of Fame には、選手・監督ら人物の他に、こうしたチームも受賞対象になります。
過去には、ショーバスケチーム、ハーレムグローブトロッターズや、史上初のバスケットボールチームも選ばれました。

2000年代
次は、新設された2000年代を振り返る展示品を見ていきたいと思います。

画像中の革張りの本は、提督デビッド・ロビンソン選手(2009年 Hall of Fame 入り)が個人で使用していた聖書です。
もともとは、ロビンソン選手に親密な友人から、同選手に贈られた品ですが、この展示のために提供されたとあります。

ダンカン選手とツインタワーを組み、再度優勝しての幕引きは2000年代でした。

1000勝目
こちらは、ジェリー・スローンHCがジャズのヘッドコーチとして、1000勝目を挙げた記念ボールです。

時は、2008年の11月7日。
ジャズのホームコート、エナジーソリューションズアリーナで、対サンダー戦(104-97)にて、と刻印が施されています(キャリア通算1000勝目は2006年12月11日のマーベリックス戦にて)。

ESPNのブロードキャスター
ここには、2008年にHall of Fame に選ばれた、ディック・ビテイル氏について書かれています。

同氏は、ニュージャージーのハイスクールでHCを務め、2回の州優勝を果たした後、NCAAではラトガーズ大学のアシスタントコーチ、デトロイト大学のHC、NBAではピストンズのHCと歴任しました。
それを経て、ESPNのブロードキャスターに就任しました。

特に説明はありませんが、キャスター時代に使用していたと思われるマイクが展示されています。

チーム史上初の優勝
2000年代、チーム史上初の優勝を成し遂げたのは、2006年のマイアミ・ヒート。
その2年後、2008年にパット・ライリーHCが Hall of Fame 入りしました。
画像は、同HCもデザインを手がけた優勝リングです。

再び優勝チームへ
2000年代、カレッジバスケットボールでも、フロリダ大・メリーランド大・シラキュース大が初優勝を成し遂げた中、ノースカロライナ大学ターヒールズが、再び優勝チームになりました。

現監督のロイ・ウィリアムスHCが着任してのことです。
画像の優勝リングは、2005年のものですが、監督がこの展示のために、特別にレプリカを作らせて提供したとあります。

悲運の選手
このボールは、2008年に Hall of Fame に選ばれた、エイドリアン・ダントリー選手の、20000得点記念ボールです。1987年12月8日の、ブレイザーズ戦でのことです。

この時は、ピストンズに在籍していましたが、88年ファイナルでレイカーズに敗れ、その後、ダントリー選手はマーベリックスへトレードされてしまい、代わりにピストンズへやってきた、マーク・アグワイア選手を擁するピストンズが、89年に優勝を果たしてしまうという、2度得点王にもなった選手ですが、悲運の選手でもありました。

3Fの最後は
3F最後のご紹介はこの機械です。
Hall of Fame に選ばれた方々のデータベースです。
アルファベット順・出生地・各年代ごとの所属プロチームなど、色々な角度から検索できるようになっています。

試しに大学で検索をかけ、ノースカロライナ大学を選ぶと、ボブ・マッカドゥー選手、ビリー・カニングハム選手といった出身選手、ディーン・スミスHCやロイ・ウィリアムスHCといった所属監督が表示され、各個々人について説明がなされます。

Which Next?
はじめに
Hall of Fame 3F ヒストリーコーナー
Hall of Fame 2F USAチームコーナー
Hall of Fame 2F Hall of Famer コーナー
Hall of Fame 1F バスケットボールコート