07年1巡目27位

06年1巡目26位
   2巡目50位

05年2巡目54位

04年2巡目43位

03年2巡目31位

02年2巡目34位
   2巡目46位

01年2巡目40位

00年1巡目11位

99年1巡目3位

98年2巡目33位
   2巡目45位
   2巡目56位

97年2巡目32位

95年1巡目9位
   1巡目22位
   2巡目47位

93年2巡目46位

92年1巡目18位
   1巡目19位

90年2巡目9位

89年1巡目10位

87年1巡目11位
   4巡目79位
   7巡目149位

85年2巡目49位
   3巡目62位
   7巡目143位

84年1巡目21位
   2巡目29位
   4巡目71位

83年2巡目28位
   3巡目53位
   3巡目57位


82年4巡目72位
   4巡目74位
   7巡目151位
   9巡目200位

81年10巡目206位
   10巡目216位

80年1巡目11位
   3巡目50位
   5巡目103位
   7巡目148位

79年1巡目2位
   1巡目10位
   1巡目14位
   10巡目190位

78年1巡目22位
   5巡目105位

77年1巡目3位
   8巡目152位

76年1巡目3位
   6順目89位
   7巡目121位

75年1巡目2位
   3巡目44位
   8順目136位

74年1巡目1位
   1巡目11位


   7巡目115位
   7巡目117位


73年1巡目16位
   7巡目105位
   7巡目108位

72年4巡目58位

71年1巡目2位
   1巡目11位
   2巡目18位
   14巡目213位

70年1巡目14位
   8巡目129位

69年1巡目1位
   1巡目3位
   5巡目59位
   7巡目86位
   7巡目91位

68年4巡目39位
   4巡目43位
   13巡目173位

67年5巡目51位
   7巡目76位

66年8巡目71位

テリトリアルドラフト
65年TD 3位
   4巡目23位

64年TD 2位

62年3巡目24位
   7巡目58位


61年5巡目48位
   8巡目72位
59年8巡目58位

56年


55年


54年

50年



48年
アーロン・アフラーロ

ジョーダン・ファーマー
ライアン・ホーリンズ

ディジョン・トンプソン

トレバー・アリザ

ジェイソン・カポーノ

ダン・ガズリッチ
マット・バーンズ

アール・ワトソン

ジェローム・モイソ

バロン・デイビス

ジェラニ・マッコイ
トビー・ベイリー
J.R.ヘンダーソン

チャールズ・オバノン

エド・オバノン
ジョージ・ジデック
タイアス・エドニー

リチャード・ペトルスカ

トレイシー・マレー
ドン・マクリーン

トレヴァー・ウィルソン

ジェローム・リチャードソン

レジー・ミラー
ジャック・ヘイリー
モンテル・ハッチャー

ブラッド・ライト
ニゲル・マニュエル
ゲイリー・マロンコン

ケニー・フィールズ
スチュアート・ゲイリー
ラルフ・ジャクソン

ロッド・フォスター
マイケル・ホルトン
ダーレン・デイ


マーク・イートン
マイク・サンダース
トニー・アンダーソン
ディーン・シアーズ

ヴィク・サイソン
ケニー・イーズレイ

キキ・ヴァンダウェイ
ジェイムス・ウィルクス
ダレル・アルムス
ギグ・シムス

デビッド・グリーンウッド
ロイ・ハミルトン
ブラッド・ホーランド
マービン・トーマス

レイ・タウンゼント
ラルフ・ドロリンガー

マーキス・ジョンソン
ラルフ・ドロリンガー

リチャード・ワシントン
アンドレ・マッカーサー
ラルフ・ドロリンガー

デビッド・メイヤーズ
ピート・トルゴビッチ
アンドレ・マッカーサー

ビル・ウォルトン
キース・ウィルクス
(ジャマール・ウィルクス)

グレッグ・リー
トミー・カーティス


スウェン・ナタール
ラリー・ホリーフィールド
ラリー・ファーマー

ヘンリー・ビビー

シドニー・ウィックス
カーティス・ロウ
スティーブ・パターソン
ケン・ブッカー

ジョン・バレリー
スティーブ・パターソン

ルー・アルシンダー
ルーシャス・アレン
ケン・ヘイツ
ビル・スウィート
リン・シャックルフォード

マイク・リン
エドガー・レイシー
マイク・ワーレン

マイク・リン
エドガー・レイシー

ケン・ワシントン


ゲイル・グッドリッチ
キース・エリックソン

ウォルト・ハザード

ジョン・グリーン
ゲイリー・カニングハム


ジョン・バーベリッチ
ビル・エリス
ウォルト・トーレンス

ウィリー・ノーリス
モーリス・タフト

ジョン・ムーア
ドン・ブラッグ

ジャック・デビッドソン

ジョージ・スタニッチ
カール・クラウシャー
アラン・ソウヤー

ジョン・スタニッチ
ピストンズ

レイカーズ
ボブキャッツ

ニックス

ニックス

キャバリアーズ

バックス
グリズリーズ

ソニックス

セルティクス

ホーネッツ

ソニックス
レイカーズ
グリズリーズ

ピストンズ

ネッツ
ホーネッツ
キングス

ロケッツ

スパーズ
ピストンズ

ホークス

ウルブス

ペイサーズ
ブルズ
ペイサーズ

ウォリアーズ
ネッツ
クリッパーズ

バックス
ペイサーズ
ペイサーズ

サンズ
ウォリアーズ
ブレッツ
(現ウィザーズ)

ジャズ
キングス
ネッツ
ナゲッツ

ネッツ
ブルズ

マーベリックス
ブルズ
マーベリックス
ブレイザーズ

ブルズ
ピストンズ
レイカーズ
ブルズ

ウォリアーズ
ソニックス

バックス
ネッツ

キングス
キングス
セルティクス

レイカーズ
ピストンズ
キャバリアーズ

ブレイザーズ
ウォリアーズ


ホークス
ブレイブス
(現クリッパーズ)

バックス
ブレイザーズ
キャバリアーズ

ニックス

ブレイザーズ
ピストンズ
キャバリアーズ
サンズ

ホークス
サンズ

バックス
ソニックス
バックス
サンズ
ロケッツ

ブルズ
ウォリアーズ
ソニックス

ウォリアーズ
セルティクス

ウォリアーズ


レイカーズ
ウォリアーズ

レイカーズ

レイカーズ
ロイヤルズ
(現キングス)

ホークス
レイカーズ
ニックス

セントルイス
セントルイス

ボストン
ミネアポリス

シラキュース

ロチェスター
ロチェスター
ワシントン

ニューヨーク

※テリトリアルドラフト(TD)

 地元で人気のある選手を獲得するために、最寄のフランチャイズチームが、1巡目指名権を放棄することで、優先的に選択・交渉できる権利・ドラフト様式を指します。ここではTDと略表記します。

異なる年に、同一の名前が現れますが、ある選手をあるチームがドラフトしても、契約まで至らなかった場合、翌年などに別のチームが再度ドラフトすることがあります。

例:アルビダス・サボニス選手
  85年4巡目77位 ホークス
  86年1巡目24位 ブレイザーズ→ブレイザーズでプレーする