レプリソーム旅行記 Vol.4 ノースカロライナ大

ノースカロライナの街
ハイウェイを車でとばすこと小一時間、林や森だけの風景からやっと人里に近づいてきました。
大学のメイン校舎も、もうすぐのようです。

同じ大学でも森に囲まれたデューク大と違って、城下町ならぬノースカロライナ大を中心に作られた大学町、のような印象を受けます。
正直、どこからが大学の敷地なのか、わかりません。

あっ!
見て下さい!ストリートの名前を示す標識と、ホテルの看板!。
普段グッズや、雑誌でしかお目にかからないNCのロゴマークや、Carolinaの文字がこうして実用的に使われているところを見ると、“ノースカロライナに来てる”と、非常に実感がわきます。

No DUKE!
アメリカでは、どのスポーツでも「地元」を大切にします。
例えて言うなら、阪神タイガースと関西地域と同じくらい密接な関係を保っています。
画像をご覧下さい。
交通標識のような「No DUKE」の手作りラベルが貼ってあります。
Tシャツにも  という物がありますが(ちなみに逆もある)、隣町のライバル校に、こうしたキツいユーモアを言おうと思ったら、本当に信頼のおける関係を築いていないと通用しません。

あらっ?
近辺のお店にはノースカロライナ大学に関する物が色々、売られていますが、これだけはいただけませんでした。
画像のキーホルダーを見つけて大喜びで買付しました。が、よく見ると「ジョー・・・ドン?」。

疲れていたのか、ジョーダンだと思って購入した物は、実はよく見るとJordanではなくJordonになっているではありませんか!。
これをサイト上でご紹介するのは今回が初めてで、残念ながら正規品と見なせず現在もなお当事務所にお蔵入りとなっています。

Tar Heel Cookies
ノースカロライナ関連商品であるのは、何も衣類やスポーツグッズだけではありません。
こんな食べ物まであります。
Tar Heel Cookiesのタイトルの他に、きちんと足型が箱の正面と横にプリントされております。

中身は・・・
肝心の中身ですが、左の写真はほぼ実際のクッキーと同じ大きさで、1〜2mmくらいの厚さに焼きあがっています。芸も細かく、かかとのタールまで再現されております。

味は・・・厚さが薄く、食べ応えがないはずなのに、もの凄く甘いです。水かブラックのコーヒー、ストレートティーがないと日本人の味覚には、ちょっときつい代物です。

カロライナブルー
アメリカで水色のウェア類を物色すると、よくわかりますが、スカイブルーで済むところを、あえて“カロライナブルー”と表示されているのを、よく見かけます。
このストリートのいたるところにあるお店のほとんどは、壁・看板・ウィンドウ、どこかしらに水色をあしらっています。

SUTTON DRUG STORE
車を駐車して、しばらく歩くと、どこからかいい香りがしてきます。どうやら、このお店の中からのようです。
看板には、“ドラッグストア”と書かれていますが、日本の薬局というよりは、アメリカのドラッグストアは『薬も売っているコンビニ』というイメージがピッタリじゃないかと思います。

店内
店内に入ると、いい香りが充満しています。
見渡すと、薬、パン、お菓子や飲み物が棚に置かれ、(画像には写っていませんが)レジには、ノースカロライナ大学の学生さんらしき若い人が、列になって並んで順番待ちをしています。
「もしかして、ここはノースカロライナ大生、ご用達の店?」と、期待を膨らませながら、更に店内奥へと進みます。

カフェ
突き当たりまで来ると、ありました!カフェです。
美味しそうな香りは、ここから出ていました。
洋画に出てきそうな学生の集う、いかにもアメリカのカフェらしい、レイアウトです。

デカい!
とりあえず、席についてハンバーガーとコーヒーをオーダーしました。
やはりアメリカンサイズ、何より驚くのはその大きさです。
ハンバーガー1個が子供用の野球グローブなみにデカい。

そして、ダイナミックさはこれだけではありません。
テーブルに置かれている、赤いビンが見えますか?。これはケチャップです。 ビンの頭を押すと、中身が出て来ます。
日本人の感覚からすると、この大きさはもはや調味料というよりは、ボトルシャンプーのビンです。

ところで・・・
店内に入ったあと、さっきから壁に貼ってあったり、天井からブラ下がっている写真がやたらと目につきます。
数枚、目を通してみると、新しい物や黄ばんでしまっている古い物が混在し、その多くがこの店内で撮影された物だということがわかります。

写っている人も様々で、背景と身長を比べると、かなり長身の人が写っています。
もしかして、「ノースカロライナ大のアスリート達じゃないのか?」と期待が膨らみます。

いた!
懸命に探してみると・・・いました!。
先日、引退したリック・フォックスです!。
もともと凛々しい顔だけに、若い頃の少しポッチャリした表情がなんとも初々しいです。

ジェリー・スタックハウス
この写真だけ、一番天井に近いところにあるため正面から撮影できませんでした。
ちょっとわかりづらいかも知れませんが、写真中央の青いシャツを着ているのが、ジェリー・スタックハウスと説明を受けました。

スコット・ウィリアムス
ブルズでは母校の後輩ということで、ジョーダンに可愛がられたスコット・ウィリアムス。
さわやかな笑顔が、なんとも印象的です。
今季からは、ジョーダンの後釜スターとして期待されている、レブロン・ジェイムスと一緒にキャブスでプレーします。
長年、色々なところでプレーしていますが、大きな選手にしては珍しく、息の長い選手です。

ヒューバート・デイビス
現ネッツのヒューバート・デイビスです。
もう10年もプレーしているベテランですが、当時はあどけなさが溢れるこの表情です。

ラシード・ウォレス
ブレイザーズ在籍時に、テクニカルファウルで有名になったラシード・ウォレスです。
上の選手達と違って、思い切りヒゲヅラです。
顔は今とあまり変わりません・・・というか、これは最近の写真なのでしょうか?。

マイケル・ジョーダン
やはり、ノースカロライナ大バスケットボールのスターといえばジョーダンです・・・が、どこを探しても見当たりません。
1年の時からスタメンで、すでに決勝戦でラストショット、ザ・ショットを放つようなスターだったためか、こういう場所には来れなかったのでしょうか?。
別格の扱いのように、天井ギリギリの高い所にジョーダンの写った当時のスポイラー誌が飾られています。

感謝
このお店で働いているご婦人に、日本から来ました、と告げると、これらの写真を紹介してくれました。
更に話を聞くと、このご婦人の姪御さんは、神戸に留学していたそうです。また、静岡県がノースカロライナ州と姉妹都市ということもあるせいか、とても歓迎・親切にして下さいました。
そのお礼に、以前、友人のために描いた私の手書きの絵のコピーをプレゼントしました(画像:ラシード・ウォレス)。

え?似てない?。
まぁまぁ、ファンのために描いた物ですから、良くも悪くもデフォルメは入ります。カンベンしてやって下さい。

NBAの試合を見たり、各チームのアリーナへ行くのも楽しいですが、こうした地元で、かつて彼らがいた場所の空気を吸うのも、なかなか新鮮でした。