過去の出身選手

 ケイタ・ベイツ・ディオップ
  2018年 2巡目 48位
  ウルブス

 デアンジェロ・ラッセル
  2015年 1巡目 2位
  レイカーズ

 ディショーン・トーマス
  2013年 2巡目 58位
  スパーズ

 ジャレッド・サリンジャー
  2012年 1巡目 21位
  セルティクス

 ジョン・ディーブラー
  2011年 2巡目 51位
  トレイルブレイザーズ

 エバン・ターナー
  2010年 1巡目 2位
  シクサーズ

 B.J. ムレンズ
  2009年 1巡目 24位
  マーベリックス

 コスタ・クーファス
  2008年 1巡目 23位
  ジャズ

 グレッグ・オーデン
  2007年 1巡目 1位
  トレイルブレイザーズ

 マイク・コンリー Jr.
  2007年 1巡目 4位
  グリズリーズ

 デイクアン・クック
  2007年 1巡目 21位
  シクサーズ

 ケン・ジョンソン
  2001年 2巡目 48位
  ヒート

 マイケル・レッド
  2000年 2巡目 43位
  バックス

 スコーニー・ペン
  2000年 2巡目 57位
  ホークス

 ローレンス・ファンダーバーク
  1994年 2巡目 51位
  キングス

 ジム・ジャクソン
  1992年 1巡目 4位
  マーベリックス

 デニス・ホプソン
  1987年 1巡目 3位
  ネッツ

 ブラッド・セラーズ
  1986年 1巡目 9位
  ブルズ

 トニー・キャンベル
  1984年 1巡目 20位
  ピストンズ

 グランビル・ウェイターズ
  1983年 2巡目 39位
  トレイルブレイザーズ

 クラーク・ケロッグ
  1982年 1巡目 8位
  ペイサーズ

 ハーブ・ウィリアムス
  1981年 1巡目 14位
  ペイサーズ

 ジム・スミス
  1981年 3巡目 54位
  クリッパーズ

 カーター・スコット
  1981年 6巡目 126位
  ウォリアーズ

 ケルビン・ランゼー
  1980年 1巡目 4位
  ブルズ

 ジム・エリンハウゼン
  1980年 8巡目 166位
  キャバリアーズ

 ビル・アンドレス
  1975年 6巡目 104位
  ブルズ

 ワーデル・ジャクソン
  1974年 6巡目 98位
  スーパーソニックス
  (現サンダー)

 アラン・ホルニャック
  1973年 2巡目 26位
  キャバリアーズ

 ルーク・ビッテ
  1973年 4巡目 57位
  キャバリアーズ

 マーク・マイナー
  1972年 11巡目 165位
  セルティクス

 ジム・クレモンズ
  1971年 1巡目 13位
  レイカーズ

 デイブ・ソレンソン
  1970年 2巡目 26位
  キャバリアーズ

 ジョディ・フィニー
  1970年 4巡目 52位
  ロケッツ

 スティーブ・ハウウェル
  1969年 17巡目 204位
  ロケッツ

 ビル・ホスケット
  1968年 1巡目 10位
  ニックス

 ロン・セピック
  1967年 9巡目 97位
  ロイヤルズ
  (現キングス)

 ゲイリー・ブラッヅ
  1964年 1巡目 3位
  ブレッツ
  (現ウィザーズ)

 ジェリー・ルーカス
  1962年 TD 2位
  テリトリアルドラフト
  ロイヤルズ
  (現キングス)

 ジョン・ハブリチェック
  1962年 1巡目 7位
  セルティクス

 メル・ノーウェル
  1962年 12巡目 90位
  ゼファーズ
  (現ウィザーズ)

 ラリー・ジークフリート
  1961年 1巡目 3位
  ロイヤルズ
  (現キングス)

 ジョー・ロバーツ
  1960年 3巡目 21位
  ナショナルズ
  (現シクサーズ)

 ディック・ファーリー
  1960年 13巡目 83位
  ニックス

 フランク・ハワード
  1958年 3巡目 20位
  ウォリアーズ

 ケン・サイドル
  1958年 8巡目 62位
  ホークス

 ロビン・フリーマン
  1956年
  セントルイス

 ジョン・ミラー
  1955年
  ミネアポリス

 ポール・イーバート
  1954年
  ミルウォーキー

 ボブ・ドーナム
  1950年
  ボストン

 ディック・シュニッカー
  1950年
  ワシントン

 ポール・ヒューストン
  1947年
  シカゴ

 ジャック・アンダーマン
  1947年
  セントルイス

※TD テリトリアルドラフト
地元で人気のある選手を獲得するために、最寄のフランチャイズチームが、1巡目 指名権を放棄することで、優先的に選択・交渉できる権利・ドラフト様式を指します。ここではTDと略表記します。